結婚できない男性の特徴:金銭感覚の常識がない人はモテません。

結婚できない男性の特徴:金銭感覚の常識がない人はモテません。

付き合っているだけの状態と、結婚生活の大きな違いは、「一緒に1つの家庭を築く」というところですよね。特に家計は生活の質に直接影響するので大きな問題です。

お金遣いが荒かったり、家計に無頓着で無駄遣いする習慣のある男性は要注意。結婚を前提にした女性はそのあたりもよく見ていますよ。

年収が低い男性は、どうしても不利。

結婚を考えている女性にとって、やっぱり一番気になるのは男性の年収です。結婚相談所が出している調査によると、女性が男性に求める最低年収は「400万円」です。それを下回ると、女性側から声がかかる確率は、ぐっと減ってしまうというのが現実のようです…。

年収が低い男性は、お金に無頓着なことも多い。

お金持ちは豪勢に無駄遣いをしていて、お金がない人は頑張って節約しているというイメージを持っている人も多いです。

ですが、実際はその逆で、年収が低い人はお金に無頓着で小さな無駄遣いをたくさんしていることが分かっています。例えばスマホの料金を安く抑えるための「格安シム」なんかは、年収が高い人ほど利用率が高く、賢く節約しているというデータも出ています。

ただでさえ年収が低いのに、節約の意識も低いと、お金はますます貯まらないですよね…。

年収が高くても、お金遣いが荒いと持てない。

結婚を考えている女性は、安定した生活をきちんと送れるかを見ている人が多いです。つまり、「年収が高くてもお金遣いが荒くて貯金が全然ない」といった男性はモテません。

もちろん、事前に貯金額を聞いてくるような女性はなかなかいませんが、浪費家かどうかは身につけているものなどで想像できたりします。

年収の高い男性が注意してほしいのは、「全身ブランド品」のような服装は、逆にモテないということですね。不必要に高級なものばかり身につけていると、「浪費家」や「自分に自信がない」「見栄っ張り」という印象を与えてしまいます。

服装や持ち物は、相手に清潔感や好印象を与えることを第一に考えましょう。