結婚はメリットなし!?「結婚したくない男性」が増えている理由

結婚はメリットなし!?「結婚したくない男性」が増えている理由

今は未婚率が上がり続けている時代で、独身の方は増えています。そんな中、男性からよく聞くのが「結婚はメリットがない」という言葉です。

確かに今は、コンビニや家電の進化で家事がかなり楽になりました。「結婚して奥さんに家を守ってもらう」というのは、もはや過去の時代の話。

こんな時代の婚活男性の本音について、解説していきます!

結婚したくない男性はかなり増えている

Webメディアが行った意識調査によると、22歳から39歳の独身男性に行ったアンケートで、「結婚したいですか?」という質問に対して、なんと43.7%が「いいえ」と答えています。半数が結婚したくないと考えているって、なかなかすごい数字ですよね。

さらに、50歳までに一度も結婚しない人の割合は、1980年では2.6%だったのが、2015年では23.4%と激増。10倍近くにまで増えています。

男性が結婚したくない理由は?

アンケートの調査によると、男性が結婚したくない理由は主に3つ。①メリットよりデメリットの方が大きい、②必要性を感じない、③経済面の不安、となっています。

「①メリットよりデメリットの方が大きい」は、男性が本当によくいう言葉です。結婚のメリットといえば、「子供が持てる」「社会的に信用される」といったところ。逆にデメリットは「お金が自由に使えなくなる」「自由な時間がなくなる」「起業や転職なども反対されやすい」といったことです。

こう考えると、男性側のメリットは「子供が持てる」の一点が大きくて、デメリットは「お金、時間、選択の自由がなくなる」ということですね。確かに子供が欲しくない男性ならデメリットの方が大きそうです。

また、デメリットにあげられているものは、全てお金と仕事にかかわることですよね。今は男性の収入も上がりづらくなっていて、経済的に余裕がある男性が少ないのもかなり反映されてそうです。また、子供を持つことに関しても、経済的な余裕が必要です。

つまり、「③経済面の不安」と実質的な中身は同じなんです。今は終身雇用制も崩れ、雇用も不安定になり、さらに収入も上がりにくくなっています。そんな中で「奥さんを養っていく」という考え方は時代遅れなのかもしれません。

逆に言えば、共働きで経済的にもお互いメリットがあるような結婚であれば、うまくいきやすい世の中とも言えますね。

婚活したけど嫌になった男性も多い

「結婚したくない」と答えている男性の中には、最初は婚活してたけど上手くいかなくて嫌になったという人も多いです。

マッチングアプリがどんどん充実していて、婚活自体は昔よりずっと気軽にできるようになりました。実際にマッチングアプリの利用経験がある人は増えています。そう考えると「婚活している人が多いんだから、結婚しやすくなってるんじゃないの?」と思いがちですが、実は違います。

マッチングアプリや結婚相談所は、たくさんの登録者の中から誰でも簡単に理想の条件で検索が出来ます。このとき、わざわざスペックの低い相手を探す人なんていませんよね。可能な範囲でなるべくスペックの高い相手を見つけたいというのが本音です。

となると、利用者が多ければ多いほど、一部の高スペックの人に人気が集中するという現象が起こります。人気に格差が生まれ、一部の男性が大人気になる代わりに、選ばれない男性はどんどん増えてしまうんですね。こうして婚活に挫折してしまう男性も増えていくというわけです。

また、婚活は女性より男性の方がずっとお金がかかります。お金をたくさん使っても、ほとんどの男性は「大多数の選ばれない側」になってしまうわけですから、婚活が嫌になっても無理はないですよね。