結婚は必要ない!?男性はメリットよりもデメリットが多いと考えている件

結婚は必要ない!?男性はメリットよりもデメリットが多いと考えている件

一生懸命に婚活をしている人もたくさんいますが、実はそもそも「結婚は必要ない」と考えている人も増えていることをご存知でしょうか?

特に男性は、メリットとデメリットを考えたときに「結婚って不要では?」と感じる人が多いですね。今回はそのあたりについて解説していきます。生き方がどんどん多様になっている現代で知っておいた方が良いことがたくさんありますよ!

なんと7割の男性が「結婚は必要なし」と回答

NHKが行っている調査によると、平成30年のデータで「結婚は必要ない」と答えている人は68%です。ほぼ7割というのはスゴイ数字ですよね。ちなみに平成5年のデータでは51%となっているので、25年の間に17%増えてことになります。

では実際に結婚しているかどうかで調べるとどうでしょう?

厚生労働省が出している、生涯未婚率のデータを見ると、2017年のデータで23.4%の男性が生涯未婚となっています。およそ4人に1人ですから、独身を貫くのもあたりまえの世の中になっていることがわかりますね。

ちなみに、1980年のデータでは男性の生涯未婚率は2.6%。37年の間に10倍近くに急増しています。実際に周りに独身の人が増えたんだから「結婚は必要なし」と考える男性が多くなるのも頷けます。

「家事」と「収入」の変化で結婚が不要になった

なぜここまで、結婚の必要性を感じなくなったのしょうか?それは結婚における「家事」と「お金」の役割が時代と共に変化したからです。

昔は、「男性がお金を稼いで女性が家を守る」という役割分担が当たり前でした。これは逆に言うと「男性は家事ができないし、女性はお金を稼げない」ということでもあったんです。

でも今の時代は違いますよね。男性でも簡単に家事をこなせる家電がたくさんあります。料理に関してもネットですぐにレシピを検索できますし、そもそもコンビニやファミレスの進化で作る必要も減りました。

女性に関しても、昔は大学に進むことが珍しかった時代もありましたが、今は女性もみんな大学を出て、卒業したらすぐに就職するのが当たり前になっていますよね。男性と女性の収入差も小さくなっているんです。

結婚するメリットとデメリット

男性に「結婚のメリットは?」と聞くと、「あまりない」というのが正直なところです。もちろん好きな人とずっと一緒にいたいという気持ちは誰しも持ちますが、それって別に結婚しなくても叶うことですからね。

実際に結婚した男性に、なぜ結婚したのか聞いてみると、「ケジメをつけるため」という答えが多いです。これは相手の女性に信頼してもらうためであって、別にメリットではないですよね。

唯一ハッキリとしたメリットがあるとしたら、「子供が持てる」ということでしょう。我が子の成長を見守れるのはかけがえのない喜びですし、十分に結婚するメリットと言えると思います。

逆にデメリットはというと、「自由がなくなる」という答えが圧倒的に多いです。これは、お金の自由・時間の自由・対人関係の自由の3つがあります。

好きなものが独断で買えなくなりますし、一人で自由に遊ぶのも難しくなります。男性は転職の自由なんかもなくなる人が多いですね。「安定した今の仕事を辞めて、お給料は下がるけど好きな仕事がしたい。」なんて言っても奥さんに反対される場合も多いです。

【結論】結婚はしなくても良いが、行動はお早めに!

ここまでの話をまとめると、現実問題として「結婚は必ずしもしなくて良い」という世の中でになっていることは間違いありません。

ただし、本当に結婚がしたいかどうかは本人の主観次第です。未婚の人は「結婚できてる人が羨ましい」と思ってるし、結婚してる人は「独身の人が自由で羨ましい」と思ってたりします。

昔以上に、自分の幸せは自分の決める時代になっているんですね。

ただし、一つだけ注意しておきたいのは「行動はとにかく早めに!」ということです。男性も女性も、若いうちに行動すれば出会いは増えますし、早く行動しないと子供を持てない年齢になるのも意外に早いです。

「結婚にはこだわらないけど、結婚したいと思える相手が見つかるように努力はする。」これが現代を幸せに生きぬくコツなのかもしれませんね。