【男性必見】結婚できる年収の最低ラインは?年齢別にデータを解説します

【男性必見】結婚できる年収の最低ラインは?年齢別にデータを解説します

婚活では、女性に一番求められるのは「若さ」。男性に一番求められるのは「年収」です。もちろんそれだけで結婚が決まるわけではないんですが、この条件が成功率を上げるために一番重要なのは、結婚相談所のデータなどからわかっている事実です。

そこで今回は、男性に一番求められる条件である「年収」について解説します。具体的にどのくらいの年収があれば結婚できるのか?年齢別に解説していくので、ぜひチェックしてみてくださいね!

そもそもなぜ男性に年収が求められるの?

「一番大事な条件は年収です」なんて言うと、なんだかすごく打算的な感じがしてしまいますよね。ですが、そこにはちゃんとした理由があります。

例えば、学生の頃から知り合いで、長い付き合いの中で好きになって結婚する。そんなパターンの場合は、年収よりも性格的な相性の方が相手を選ぶ理由として強いです。

しかし婚活市場では、ある程度年を重ねた大人同士が、最初から結婚相手として人生のパートナーを探して出会うわけです。この場合は、年収や健康などの条件が先に来て、その中で好きになれる相手を探すという順番になるんですね。

こんな風に、学生恋愛からの結婚と、婚活市場での結婚とでは、そもそも結婚までの道筋が違います。これが、そうしても男性に年収が重視されてしまう理由だというのは知っておきましょう。

年齢別の「求められる年収」の最低ラインは?

男性に求められる年収の最低ラインは、年齢によって変わります。男性側の年齢が若いうちはそれほど年収が高くなくても大丈夫。年齢が上がるにつれ、どうしても高年収が求められるようになっていきますね。

具体的な数字については、結婚相談所の連盟が「年収と成婚のしやすさ」というデータを出しています。それによると、20代・30代では500万円、40代前半では600万以上が成婚している人の平均となっています。つまり、そこが「成婚しやすくなる年収」の最低ライン。なかなか高いハードルですが、なんとか超えたいところです。

実際に、結婚相談所で「年収400万円」だった男性が、年収が上がったので登録しているプロフィールを「年収500万円」と変えたところ、女性とのマッチングが急に増えたという例があります。

多くの女性が、結婚相談所の検索システムを使うときに「年収500万円以上」の条件で相手を探していたんですね。

学歴や勤め先は、年収をカバーする効果もある

同じ年収でも、学歴が高かったり大企業に勤めていたりすると、人気が上がる傾向があります。特に婚活女性は安定を求める人が多いので、「公務員」だと人気が集まる傾向がありますね。

実際には公務員だからといって、人生が安泰かと言えばそうでもないのですが、そのあたりはイメージも大切というわけです。

学歴についても、結婚相談所で婚活する場合にはかなり重要です。専門学校卒と比べると、大卒というだけで「+100万円の年収」くらいの影響がありますね。年収400万円の大卒男性と、年収500万円の専門学校卒の男性が、人気では同じくらいという感じです。

年下女性と結婚したい男性は、高年収が必須

一番最初に、女性は「若さ」で男性は「年収」が求められるというお話をしました。結婚相談所の成婚率を見ると、これがとてもハッキリ現れています。

ほとんどの男性が年下の女性を希望するんですが、おおよそ「年齢差 × 100」が目安となって結婚が決まっています。5歳年下の女性なら男性は年収500万円以上、10歳年下の女性なら男性は年収1000万円以上といった感じです。

もちろん結婚している当人たちは、そんな打算的に決めているはずもないのですが、全体として平均を取るとそういう数字が出てきてしまいます。意識しなくても、結婚はそういった現実的な条件が大きく影響していることが見て取れますね。