【失敗談】年収1500万円という理由だけで男性を選んで、結婚を後悔した女性の話

【失敗談】年収1500万円という理由だけで男性を選んで、結婚を後悔した女性の話

結婚相談所では、女性が男性に求める条件の第一位は「高年収」です。結婚相談所ともなれば、真剣に人生のパートナーを探している人が登録するわけですし、生活するうえではお金が一番大事というのも分かります。

ですが、もし結婚相手を「高年収」という理由だけで選んだらどんな生活が待っているんでしょうか?今回は実際の女性の体験談を元に勉強していきましょう!

年収1500万円の男性と結婚した32歳の女性

とある女性のお話です。その女性は32歳。友達と比べても顔も悪くないし仕事もまずます順調。正直言って「自分は友達の中ではランクが上の方」なんて思っていたそうです。

ですが、先に続々と結婚していったのは、自分ではなく友人たち。「まさか自分が一番売れ残るなんて」という気持ちもあり、マッチングアプリを使って焦りながら婚活を始めたそうです。

マッチングアプリを使ってみると、様々な条件で簡単に相手を検索できる便利さに驚きました。「年収1000万円以上」なんて条件で調べてもマッチする相手がちゃんと出てきます。

その女性は、昔から親には「高学歴・高収入の人と結婚しろ」と言われていたそうで、先に結婚していた友人達との差を取り返したい気持ちもあって「年収1500万円」の男性にアプローチをかけ、出会ってからたった2週間で入籍まで果たしたそうです。

しかし、その男性は女性との交際経験が全くない人でした。デートをしていても「私がなぜこんな男と結婚したんだろう」という気持ちになってしまいました。そうした悪い感情は日に日につもり、手をつなぐだけでも「気持ち悪い」と感じるようになった結果、たったの7ヶ月後には離婚を決めたそうです。

この女性の失敗したところ

まず最初に、この女性はプライドがとても高かったことが分かります。友人と比べて「自分はランクが上」と感じたり、男性を年収で選んだのも、生活にお金が必要だからではなく「自分はランクが高い男性と結婚するべき」という考えからです。

実際、その女性は学生時代に読者モデルをした経験もあったそうで、周りからチヤホヤされていたみたいですね。

また、もう一つ大きな失敗点は、この女性が「自分の見栄のために結婚をしようとした」ということです。売れ残りと思われたくないという理由でスピード結婚をしてますし、周りと差をつけたいという理由で高年収の男性を選んでいます。

つまり、相手の男性の気持ちを全く考慮してませんし、それどころか「自分自身が結婚相手と幸せな時間を過ごしたい」という気持ちすら考えることが出来てません。まさに結婚というレッテルに振り回された行動だということです。

スピード結婚をしてスピード結婚になってしまう人には、こういうパターンの人が結構いますね…。

マッチングアプリの罠

実は、この話の失敗の原因は女性の性格だけではありません。そこにマッチングアプリの罠があるんです。

マッチングアプリは、確かに出会いを増やす意味では便利で有効な婚活方法です。ですが、「条件で探す」という点において便利過ぎることが災いするしたのが今回のパターンです。

普通の出会いであれば、最初から相手の年収がわかって仲良くなることなんてないですよね。最初に人柄に惹かれて、あとから年収がわかるのが普通です。

ですが、マッチングアプリでは最初から年収で絞り込めるため、そこばかりについつい目がいきがちです。年収以外にもイケメンや高学歴など、プロフィールを見れば高スペックな相手がすぐに見つかります。

実際に、はじめは「私は相手の年収にはこだわりません」なんて言っていた女性が、いざアプリを使ってみると、ついつい高年収で好条件の相手ばかりの男性に申し込みをしていた、なんてこともよくあります。せっかく条件で検索できる機能がついているわけですから、当たり前といえば当たり前なんですけどね…。

便利だからこそ、そこばかりに目がいってしまう。こんな風に婚活で振り回されてしまわないように注意が必要なんですね。