結婚相談所では女余り!?女尊男卑のアラフォー女性が上手くいかない理由

結婚相談所では女余り!?女尊男卑のアラフォー女性が上手くいかない理由

恋愛では、男性が女性をエスコートしたり、男性からお誘いをするのは当たり前ですよね。ところが、30代の婚活では全く話が変わってきます。

特に結婚相談所では「女余り」が発生していて、女性側が男性に選んでもらわないといけない場面も多々あります。今回は、そのあたりの事情について解説していきます!

女尊男卑では、婚活が上手く行かない理由

婚活をしている女性の中にも、「自分は男を選ぶ側!」という態度でいる人も少なくないです。「自分に見合った良い男性はいないかしら」とか「自分を楽しませてくれる男性はいないかした」といった態度ですね。

こういう人は、食事をすれば男性が払ってくれるのが当たり前だし、アプローチするのも男性側からというのが常識だと思っているので、自分からはなかなか行動しません。

しかし、30代以上の婚活ではそれではなかなか上手くいきません。

その理由としては、大きい要因は恋愛と婚活は違うということ。恋愛では男性が女性を選ぶ基準はハッキリ言って緩いです。見た目がちょっと可愛いとか、年齢が若いという理由だけでも、十分男性に選ばれる理由になりますね。

しかし、結婚ともなれば人生のパートナーを選ぶわけです。若い女性と結婚してもすぐに年を取りますし、ルックスだって加齢と共に劣化するのは仕方のないことです。

すると、急に男性の選ぶ基準が「家庭的」とか「性格が優しい」ということになります。そんなタイミングで女性側は「私は選んでもらう立場!」というのが伝わってしまうと、例え若い頃はモテていた女性でも、急に結婚できなくなってしまうんですね。

婚活女性の失敗パターン:尽くしてもらって当たり前

30代以降の婚活女性の失敗パターンで一番多いのは、男性に「尽くしてもらおう」とすることです。

相手から誘ってもらうのが当り前と思っているよりも、自分から男性を誘う女性の方がチャンスは広がります。

また、食事をするとなったときに、「おごってもらうのが当たり前」とか「お店は何も言わなくても男性が決めてくれるものでしょ?」といった態度も男性に嫌われる原因です。

中には、「何も言わなくても私の気に入るおしゃれなお店に上手に誘える男性か見定めよう」なんて、何故か上から目線の審査員のような態度を取ってしまう女性もいます。

これでは婚活が上手く行かないのも当たり前ですよね。

アラフォー女性は、女尊男卑の意識が高い

男性が女性に尽くして当たり前という意識は、若い女性よりもアラフォー女性に多いです。

今は昔に比べて男女の収入の差も小さくなってますから、若い女性は割り勘に抵抗がない人も多いですね。逆に割り勘をあからさまに嫌がるのはアラフォー女性に多いです。この当りは世代の差とも言えるので、余計に男性からは嫌がられてしまいます。

また、デートの場所にこだわるのもアラフォー女性に多い傾向です。「おしゃれなお店が良い」とか「家の近くのお店が良い」と言った要望が多くて、しかもそういったお店を男性が見つけてくるのが当たり前と考えている人も多いです。逆に若い女性は、お店よりも会話の趣味が合うかと見ていたりしますね。