婚活女性が「年収600万円の男性」を希望するのってあり?

婚活女性が「年収600万円の男性」を希望するのってあり?

婚活をしている女性にとって、一番気になる条件は「年収」です。実際に結婚相談所が出しているデータでは、高年収が希望条件の一位になっています。

とはいえ、あまりにも高年収の男性ばかりを希望するのは高望みというもの。では、どのくらいの年収までなら女性は男性に期待して良いのでしょうか?

今回は「年収600万円」という基準で、それが高望みなのかという視点で解説していきます!

男性の平均年収は?

まずは男性の平均年収をみてみましょう。こちらは国税庁が実際のデータを発表しています。それによると、30〜34歳男性の平均年収は約461万円。35〜39歳で約517万円。40〜44歳で約569万円。45〜49歳で約630万円となっています。

つまり、平均でみると45歳を超えないと600万円以上の年収は望めません。しかもこちらは既婚男性も含んだデータになので、結婚のお相手となる未婚男性で見ればもっと低くなります。

こうしてみると、「年収600万円以上の男性が良い」という女性の希望は、少なくとも平均よりはかなり高い理想だとわかりますね。

未婚男性の平均年収は?

次は未婚男性の年収を見てみましょう。こちらは総務省が出しているデータがあります。それによると、30代前半の未婚男性で年収の中央値は約333万円。30代後半では約342万円です。先程の既婚男性も含んだデータと比べると、30代前半で-128万円。30代後半で-175万円も少ないことが分かります。

なかなか衝撃的なデータですが、「高年収の男性ほど、早く結婚して売り切れ状態」ということがわかりますね…。

結婚相談所には、高年収の男性が多い

続いて、結婚相談所に登録している男性の年収を見てみましょう。こちらは大手の結婚相談所のデータを取り扱っている「コネクト」というシステムが情報を公開しています。

それによると、年収400万円以下の男性は16.6%。年収401〜600万円は42.9%。年収601〜800万円は25.8%。年収801万円以上は14.6%となっています。なんと約4割の男性が年収600万円以上となっています。国税庁や総務省が出してるデータに比べて、随分高いですよね。

これだけ見ると、「年収詐欺なんじゃないの?」なんて不安になる方も多いですが、結婚相談所では登録時に年収証明書が必要になるので、その心配はありません。実際に「結婚相談所には高年収の男性が多い」と思って大丈夫です。

ただし、一番注意しなくてはいけないのは、結婚相談所に高年収の男性が多いからと言って、自分が高年収の男性と結婚できるとは限らないということ。

結婚相談所では、男性も女性もほんの一部の人に人気が集中する傾向がありますから、高スペックの男性とは、合う約束を取り付けるだけでも難しかったりしますね…。

高年収の男性をゲットするコツ

高年収の男性をゲットするコツですが、女性の場合はどうしても若さとルックスが重要になってきます。結婚相談所で男性が人気になる条件は「年収」。そして女性が人気になる条件は「若さ」です。

これは統計で見るとおもしろいように比例していて、高年収の男性ほど10歳以上年下の女性と成婚していたりします。女性としては、少しでもメイクや服装を良くして、プロフィール写真にも気を使うのが大事です。

年齢やルックスに自信がない女性の場合は、年収以外の条件にこだわりすぎないというのも大事です。希望条件は増やせば増やすほど、相手が少なくなってしまいますからね。