【コミュニケーション力】子供の頃の「集団行動の経験」が多いほど結婚率が高い

【コミュニケーション力】子供の頃の「集団行動の経験」が多いほど結婚率が高い

コミュニケーション能力が高ければ、恋愛も結婚もチャンスが多いのは当然ですよね。そんな中、「子供の頃の集団行動の経験」が結婚率を左右するということが分かっています。

子供の頃の生活で、大人になった後の結婚率が変わっちゃうの!?と感じてしまうかもしれませんが、文部科学省の調査によってデータが出ている事実です。

今回は、そのあたりの「集団行動の経験と、結婚率の関係」について解説していきます!

小学生までの集団行動で結婚率が変わる

小学生までに集団行動の機会が多かった人ほど、「結婚したい」「子供が欲しい」と答える人が多いというアンケート結果が出ています。

また、実際に結婚出来ている人の割合も、集団行動を多く経験している人では約50%と、平均よりも高い数字が出ています。

集団行動だけじゃなく、身近な人付き合いも影響する。

ここで言う集団行動とは、地域活動や家族旅行などのことを指します。また、近所の人と挨拶する回数が多いというだけでも、結婚願望や子育ての意欲が高くなる傾向があります。

逆に、中高生のときに「集団行動がめんどくさい」と感じていた人は、大人になった後でも結婚率が低いことがわかっています。

家族に認められて育ったかも重要

さらに、結婚率に影響を与えるが「家族に認められて育ったかどうか」です。

一番身近な集団である「家族」にきちんと認められて育てば、コミュニケーションに自信がつきますし、他の場所でも集団行動への抵抗が少なくなります。

コミュニケーション能力というのは、個人の能力だけじゃなく、環境によって育てられる部分もかなり大きいんですね。

コミュニケーションが苦手な人におすすめの婚活は?

ここまで過去の経験の話ばかりしてきましたが、コミュニケーション能力は今からでも育てられるのでご安心を。

もちろん、すぐにガラっと性格を変えることはできませんが、日々の積み重ねで少しずつ向上していくことが可能です。

また、どうしても苦手なら、おすすめの婚活方法は「結婚相談所」です。

中でも仲人さんがしっかりしている結婚相談所を選びましょう。仲人さんがいれば、自分に合った相手を選んでくれますし、「どんな話をすればいいのかわからない」といった悩みも聞いてもらえます。

マッチングアプリなどの婚活では出来ないことなので、その点は嬉しいポイントですよね。