【婚活】女性も実は年下好き!?おじさんが不人気な悲しい実態

【婚活】女性も実は年下好き!?おじさんが不人気な悲しい実態

一般的な夫婦では、男性の方が年上のことが多いです。ですが婚活市場では、女性は自分の年令が上がるほど、年下男性を好むようになってきます。

これはつまり、男性もある程度の年齢を超えてしまうと、「おじさんだから」という理由で結婚が難しくなってしまうということ。今回はそのあたりの実態について解説していきます!

婚活女性は、年齢がいくほど年下を希望する

男性に年下好きが多いのはイメージが湧きやすいことですが、年齢がいった女性も同じように年下の男性を好みます。

具体的には、40代の女性で婚活している人は、大半が年下を希望しています。40代でさらに年上となると、結構なおじさんになってしまうので、当然といえば当然ですよね。

また、今では女性でも40代ともなれば収入の多い人もいるので、そんな人は頼れる相手というよりも、見た目の良い若い男性を選ぶ傾向がありますね。

男性も見た目が大事。ポイントは髪とお腹

若いうちは、男性が女性を見た目で選ぼうとする場合も多いですが、年齢が上がると男性でも見た目がとても重要になってきます。

わかりやすく差が出るのは、髪とお腹ですね。

頭がハゲた男性を敬遠する女性も一定数いますし、お腹がぽっこり出た体型の男性は、いかにもオジサンという印象に。男性も見た目を磨く必要があるわけです。

年下というよりも「若いほうが良い」

女性は年齢が上がると年下を希望すると言いましたが、もっと正確に言うと「年下というよりも、若い方が良い」というのが実態です。

男性は35歳くらいから見た目が劣化し始める人が多いです。となると、女性側が35歳であれば「同年代の35歳はOK」となりますが、女性側が40歳だと「同年代の40歳は無理。35歳くらいまでがいい」となります。結果的に年下を好むことになってしまうんですね。

女性は年をとっても恋愛がしたい

女性が年下好きになっていくもうひとつの理由が「女性は年をとっても恋愛がしたい」ということです。

女性は若い頃の楽しかった恋愛のイメージや憧れが、ずっと残っている人が多いです。年をとってもアイドルや韓流ドラマにハマる女性が多いことからもわかりますよね。

いつまでも男性を「恋愛対象」として見てしまうと、必然的に相手は年下ということになりますよね。