結婚できない女性の特徴:結婚相談所で「男性のスペック」を気にしすぎるのは危険

結婚できない女性の特徴:結婚相談所で「男性のスペック」を気にしすぎるのは危険

いま晩婚化はどんどん進んでいて、「気付いたら結婚するのも難しい年齢になっていた」なんていう女性も増えています。

慌てて結婚相談所やマッチングアプリで婚活をしても、なかなか上手くいかない人が多いのも現実です…。

そこで今回は、結婚できない女性の特徴として「男性のスペックを気にしすぎる」というパターンについて解説します。しっかりと対策していきましょう!

結婚相談所ではスペックを気にしがち

結婚相談所では、検索システムを使って希望条件の男性をさがすことが出来ます。特に年収に関しては、男性は登録時に年収証明書の提出が必要になっているところも多く、女性側は信頼できる情報を元に探せるのが大きなメリットです。

ですがこれが落とし穴。検索が便利だからこそ、ついつい検索条件のスペックが気になってしまうんです。

高年収・高学歴・高身長といったスペックは、未だに根強い人気で、そこにこだわる女性はかなり多いです。

自分に自信がないから相手のスペックを求める人も

女性自身のスペックが高くて、相手にも見合ったスペックを求める分にはまだ良いです。ですが、意外と多いのが「自分に自信はないけど、相手に高スペックを求める」というパターン。

「自分は貯金もなくて、若くもないし、仕事もバリバリできません。だからこそ将来が安心できるくらい稼いでくれる男性と結婚したいんです。」という女性です。

気持ちはとても分かりますが、男性からすれば何もメリットがないですよね。それだと結婚はどんどん遠のきますし、仮に結婚できても長続きするのも難しいのが現実です。

【対策】スペックを気にしすぎて、いい人を見逃さないように!

ここまでスペックを気にし過ぎた場合の失敗パターンを見てきました。こうならないための対策は「スペックにこだわり過ぎずに、間口を広げること」です。

結婚相談所やマッチングアプリでは、希望の条件意外の人とは「会いもしない」という人が結構多いです。それでは余計にスペックしか見なくなりますし、いい人がいても見逃してしまう確率も上がります。

条件を広げることは、妥協することではありません。まずはいろんな人と会ってみて、その上でしっかり吟味すれば全く問題ないはずです。

偏ったプライドを捨てて柔軟になることと、行動を増やすことが婚活ではとっても重要ですよ!